忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2019/12/09 (Mon)

激走アンコールワット

1日目はトゥクトゥクでマッタリ観光した私たち。
2日目は宿の自転車を借りてサイクリングです。

angkor014.jpg













朝日を見るために少し暗い中を激走。


angkor013.jpg













ヒャッホー!! 最大スピードはバイク並!



e90c51f7.jpeg













残念ながら曇っていて、朝日は見れず!
しかし今日も壮大なアンコールワット。


angkor016.jpg













夕方はトムの近くの遺跡「プノン・バケン」へ。
夕日を見に人がいっぱい集まってる。


angkor015.jpg















アンコール遺跡群に夜が訪れます。




angkor012.jpg



























サイクリングは楽し。

暑くて暑くて、昼間は動きたくないカンボジア。
2日間の4時起きでなんとか周る事ができました。
PR
  • 2008/03/31 (Mon)
  • Cambodia
  • コメント(1)

熱帯の遺跡-タ・プローム-

カンボジアに来て初めて知ったのですが、
アンコールワットのあるシェムリアプには、
ワット、トム、その他にもかなりの広域にわたって
たくさんの遺跡が点在しています。
チケットも1日券、3日券、7日券と3種類。
好きな人なら、1週間遺跡三昧も可能です。

さて、アンコールトムから少し行くと見えてくるのが
「タ・プローム」という遺跡。
この遺跡は熱帯の遺跡で植物の管理をしないと
どうなってしまうのか、ということを理解するために、
あえて植物を放っておいている遺跡です。

どうなっちゃってるかというと・・・

angkor009.jpg




























こんなんなってました。

angkor008.jpg




























angkor007.jpg



























木の根が遺跡に食い込んでます。
遺跡の上に木を植えたわけじゃないのに、
どうしてこんな風に成長してしまったんだろう。

angkor1001.jpg



























吸い込まれました。

ラピュタのワンシーンみたいな風景。
本当にこんな世界があるとは。
熱帯の生命力は凄まじい。


遺跡からクタクタになって帰るといつも
私たちのドライバーは寝ています。

angkor011.jpg



















チャンシー、寝過ぎ!!
  • 2008/03/31 (Mon)
  • Cambodia
  • コメント(1)

アンコールワット!

ついにやって来ました、この旅始まって19カ国目、
カンボジア!!!

angkor05.jpg










バンコクからバスと車で8時間。
カンボジアのシェムリアップに到着です。


さて、カンボジアといえば・・・・そうです。

アンコールワット!!!


angkor00.jpg













朝日に浮かぶアンコールワットを見るために、
朝5時くらいから既にこの人だかり。

そして・・・

angkor001.jpg













池に映るシルエットがとても美しかったです。


それでは、内部へGO!



angkor06.jpg

























angkor04.jpg














内部は細かいレリーフや、
デバターと呼ばれる天女の彫刻でいっぱいです。


angkor01.jpg













デバター4人組。
みんな優しい表情をしてて素敵。

angkor02.jpg














他にも、戦ってみたり。


angkor03.jpg













「おい、大丈夫か?」
・・・と、心配してみたり。


一見なんとなく同じように見えるのですが、
じっくりみると意外な発見があって面白いです。

それにしても朝からものすごい暑い!
午後からどうなっちゃうの?ってくらいの暑さです。
初日はトゥクトゥクで涼みながら遺跡観光。

angkor006.jpg














暑過ぎて、超はしゃぐクレイジーMIINA♪
  • 2008/03/29 (Sat)
  • Cambodia
  • コメント(1)

アンコールトム-バイヨン

アンコールワットから少し行ったところにある
南大門をくぐると、そこはアンコールトム。

angkor002.jpg














トムの中の1つ、バイヨンの遺跡。
周囲を象のタクシーが歩いてます。


angkor08.jpg















内部には微笑む観音菩薩の四面塔が遺跡の随所に。凄いです。
歩いていると、どこにいても顔が見えて見つめられてるみたい。



angkor003.jpg



























建築当時、ここはどんな所だったのか。




angkor000.jpg



























穏やかな表情を見てると、
なんとなく自分の心も穏やかになる・・・ような。


angkor1000.jpg






























angkor005.jpg



























アンコールワットももちろん感動しましたが、
バイヨンはそれ以上に感動しました。
  • 2008/03/29 (Sat)
  • Cambodia
  • コメント(3)