忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2019/08/26 (Mon)

The ロシア

ここで一つ、ロシアらしいロシアを。
まずはマトリョーシカ。


すごくたくさん種類があります。
素朴な顔のマトリョーシカ


美女だったり


ニャンコマトリョー




有名人マト


ニヒルな表情をしていたり…


こんな大きいのもあります。


そしてやっぱりあの帽子も売っている。


ミス雪祭り風に♡


でも実際これかぶってる人って、
ロシア人でもおじいちゃんとかで、
全員かぶってる訳じゃないみたい。

そしてピロシキ。日本のように揚げてない。
パンの中に肉が入ってる素朴なパン。



ボルシチ。
ビーツのスープに牛肉を入れて煮込んだのに、
ヨーグルトクリームをかける。
うんうん、美味しいよ。


ご飯は色々食べたけど、
その中でも、
双子の絵がトレードマークのデリ☆
ココがオシャレですごく美味しかった!お店の人も感じ良かった♡







ナスをオリーブオイルとバジルで炒めたのと
チキンと野菜の串と
セロリとパプリカとチキンのサラダ。
店内でも食べられますが、
この日はお持ち帰りにして宿でたべました。

でも、「私は和食が…」のあなたにはこちら。






アジア人風な方が握った創作寿司は
見た目にも楽しく、もちろん美味しい‼
(普通な握り〜巻き物、ミソスープもありますよ。)

モスクワはアナタの期待を裏切りません。
十二分にロシアを満喫した姉妹、
次はスペインのマドリードへ!

コスビターニャ!!


PR
  • 2012/01/07 (Sat)
  • Russia
  • コメント(6)

サーカス☆サーカス

ロシアといえばボリショイサーカス!
それは赤の広場の近くのボリショイ劇場で行われています。
これもまたかなり大きな劇場です。



しかし、そんな大劇場でなくとも
モスクワでは毎日どこかでサーカスを見ることが出来るらしい。
その中でも、1880年代から続いていて
ロシアっ子ならば誰しもこれを見て育つと言われている
「二クリーン・サーカス」を見に行くことにしました。



東京ドームにきたこともあるみたい。



劇場の前には創始者の二クリーンさんの像が。
二クリーンさの鼻を触るとラッキーらしく、
鼻だけ触られすぎて超光ってる。



まずは劇場横にあるチケット売り場で
時間と座席を指定して買います。



モスクワの来て、言葉が通じず
正直気持ちよくチケットを買えたことがない私たち。
今回は間違えないように
紙に書いて伝えてみたら大成功!



開演時間前に劇場に入ると、
中は凄い人、人、人!!









ポップコーンやアイス、光るオモチャ、
バルーンや動物メイクまで!
早速夢いっぱいの会場に子供は大興奮。





出演前の動物達とも写真が撮れます!
コレにはmiinaも大興奮。





そして、コートを預けたら、
ポップコーンとアイスをもって席へ。
サーカスの始まりです!





象4頭によるショーはスゴイ迫力!!

この他にも馬の大回転、猿、鳥の曲芸、犬達の学校や、
トランポリンやジャグリングなど、
実に様々な曲芸を楽しめます。
15分の休憩を挟んで約2時間。
これで600ルーブル。1500円ちょっとくらいで見れるなんてスゴイ!
座席は400~2000ルーブルくらいで選べます。

モスクワに来たなら是非サーカスを!
手に汗握る大興奮間違いナシです。

  • 2012/01/07 (Sat)
  • Russia
  • コメント(5)

小人達の冒険

モスクワを歩いてて気づいたのは、
建物一つ一つの大きさ。

258806113059.jpg
















258806516215.jpg
















258807036870.jpg































平均6階建の石造りの建物が街中に広がっています。
一体どんな巨人が住んでるのかと思うほどドアも大きい。
自分が小さくなったのかな?と錯覚しそうになります。


258807929789.jpg















主要道路もかなり大きいので、
反対の道へ行くのには地下歩行道を通ります。


258808225531.jpg

















そして疲れて入ったのは、モスクワのマクドナルド。
入って驚くのはその混雑ぶり

258814258304.jpg
















こんなにモスクワに人が居たんだ!
外観からは全く分かりません。
かなり広く、常に満席。
子供を筆頭に空いた席を取るのに必死。
注文カウンターも常に並んでる。
味は同じだけどね~


マックを出てブラブラ歩いてると、
何ともゴージャスなスーパーを発見!

258815726526.jpg















258815457120.jpg
258815026798.jpg





















































売っているものは普通のスーパーと変わらないのに、
内装のこの素晴らしさ!!!

城?!アンビリーバボー!

当たり前ですがモスクワにも夜はやってきて、
5時頃には暗くなり始めます。
ロシア人はゆっくり活動するのか、
朝より夜の方が人が多いです。

お店もライトアップされていて、
昼間より何のお店なのか分かりやすい。


道の途中にいきなりスケートリンクの入口。
SN3S0208-1.jpg







258812027712.jpg




















258812493868.jpg















家族連れから友達、カップルまでたくさんの人が楽しんでいました。



258813241360.jpg



























夜のワシリー寺院。

モスクワの長い夜が始まります。
  • 2012/01/06 (Fri)
  • Russia
  • コメント(0)

手探りで行くモスクワ

出発して21時間。
ようやくモスクワに到着しました。
ロシアは日本より5時間遅れています。
朝8時に着いたものの外はまだ真っ暗。
夜明けは9時過ぎなので、
本当に明るくなるのはお昼頃です。

まだ薄暗いうちに宿を出て地下鉄へ。
観光地に行くのにはメトロ便利です。


259244412837.jpg






















259250590490.jpg
















が、いかんせんロシア語が読めない!
アルファベットとそれを裏返したような字と数字と大文字小文字を、
それらを組み合わせたようなロシア語は3日やそこらじゃ馴染めません。
なので、降りたい駅名を探すというより駅の模様を探すという感じ。


SN3S0154-1.jpg











「4パック、みたいなやつ」
多分一度も正しい読みは出来てないんだろうな。


ところでモスクワのメトロは
お土産の葉書になってしまうくらいステキです。

259244049319.jpg
















259250723504.jpg





























259252006939.jpg
















コレが駅の一つなんて
日本の単純明快安全!な造りが味気なく思えてしまいます。

ただ、ホント、言葉さえ読めれば…。


乗り継いだ先に見えてきたのは、
かの有名な「赤の広場(クレムリン)」の入り口。

259251413859.jpg


















259263602072.jpg
















ロシア語で「赤」は「美しい」を意味しています。


その名の通り、広く延びた広場には

「ワシリー寺院」
259251038260.jpg















「グム百貨店」
259258744120.jpg
















「スパスカヤ塔」
259243187742.jpg
















美しい建物が周りを囲んでいます。
ここに来ただけでロシアのハイライト全部見た気分!


香港もそうでしたが、
ロシアでもクリスマス気分が続いています。


259251222995.jpg
















それと。
ロシアにも干支があると聞いていたのは本当でした!!








クリスマスツリーに巻きつく「辰」
  • 2012/01/06 (Fri)
  • Russia
  • コメント(3)

Go to Russia!!

地元小樽にはゆかりの深い外国人。
それはロシア人。
ロシアからやってくる船が港について貿易が盛んに行われています。
よくよく街を見るとロシア語で描かれている看板を見ることもあるし、
港を歩けば自転車で散歩しているロシア人を見ることも多々。

それなのに良く知らなかった国、ロシア。

タヌキの尻尾がついたような帽子
ウォッカ、ピロシキ、ボルシチ、キヨスク、イクラ、マトリョーシカ
ハラショー、ハラショー、スパシーバ
寒い、とにかく寒い。極寒。

そんな断片的なイメージしかなかった国。

今回の旅で初めて訪れる場所がモスクワ、というのは唐突に決まったけど、
近いハズのこの国をもっと良く知りたいという気持ちが沸いてきた。

さて、じゃあどう行くのかロシア。
ビザの取得が必須です。
「ロシアを旅行するときは、行く場所泊まる場所乗り物、全部伝えなきゃ行けなくて大変」
そんなことを聞いていたけど、やってみると意外と簡単。

ロシア大使館HPに記載されている必要書類は以下の通り。

1.申請者のパスポート原本
2.申請用紙(アンケート)
3.写真1枚(申請用紙に貼る)
4.ロシア側の旅行会社が発行する旅行確認書(バウチャー)

個人旅行で行く場合に面倒なのが4のバウチャー。
ネット上では架空のバウチャーを発行してくれるサイトもある。
が、バレたら(バレないと思うけど)面倒なことになりそうだし、
旅の始めからそんなリスクを覚悟したくはなかったので、
入国時から滞在予定3日間の滞在先を全て予約して、
そのホステルにバウチャーを送ってもらうことにした。

もちろん予約時、「ビザの申請書類出すよ☆」って書いてるホステルを選びました。

すると「書類書くから必要事項教えて~」というメールが届いて、
それに基づいてホステル側がバウチャーをメールで送ってくれました。
個人旅行の場合、バウチャーは原本でなくコピーでOKです。

ビザの申請費用も急ぎでない限りは無料。
2週間で出来上がりです。

行けるのか・・・?なんて思うより、まずは行動。
意外と簡単に出来てしまいます。


257440836078.jpg
  • 2012/01/05 (Thu)
  • Russia
  • コメント(3)