忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2019/09/20 (Fri)

ラクダにゆられて(前編)

マラケシュに着いたその日、
宿泊した宿「house13」さんのオススメで
砂漠ツアーへ行くことに決めた姉妹。
ターバンも買ってやる気満々。

フフフフフ…

翌日の朝8時半、


「supur@tour」というバスに乗って、
約12時間かけてサハラ砂漠の手前の街、
「メルズーガ」まで行きます。

道中はモロッコで一番美しいと言われる「カスバ街道」をひた走る。


遠くには雪のかぶったアトラス山脈。


山越えの道は曲がりくねった険しい道で、車酔い必至。寝ましょう。



12時間は長いですが、途中でご飯休憩もあります。食べるのは…




やっぱりタジンで、やっぱり美味しい!

ネコもいる。


おなかを満たし、再びバスへ。


何もない道。
寝たり、ぼんやり知らない世界を眺めたりしていると
あっという間に夜になってメルズーガに到着。

ガイドのハサンさんの家でウェルカムウイスキー(ただのモロッコのミントティー)を頂き、夜ご飯を食べて、
準備が整ったところで砂漠へ!




家は本当に砂漠の手前の街にあって、
月に照らされた砂丘が目の前に広がっていた。

ラクダは家の前にひっそりと座っていて、
私たちを乗せると、体を後脚、前脚の順に伸ばして立ち上がった。
4頭全員が立つと、ラクダ使いを先頭にゆっくりと歩き始める。

月に隠されながらも、空には今まで見たことも無いくらいの沢山の星が輝いていて、流れ星も見えた。

「砂漠の中で道に迷わない?」

「No, ベルベルGPSがあるからね」

そんなジョークを飛ばすハサンはベルベル人という、北アフリカ全域に古くから住み、独自の文化や生活を続ける先住民族。
モロッコ人の半数はベルベル人とも言われていて、
レストランに入ると、ダジンやサラダ、オムレツなんかに「ベルベル風」と書かれていたりします。
私達が知ってるベルベル人といえば、サッカー選手のジダンや沢尻エリカさんのお母様でしょうか。


ラクダに乗って1時間ちょっとすると、
砂漠の中にテントが見えてきて、
その日はそこで就寝。

厚い毛布3枚もかぶってたけど、冬のサハラ砂漠は寒かった。
テントの中でポソポソと燃えるロウソクを消して、砂漠ツアーは翌日へ。

PR
  • 2012/01/16 (Mon)
  • Morroco
  • コメント(2)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

チャリの人いずこへ…!?

ラクダ楽しそうだね♪でもチャリに乗ってる人、あの何もない一本道を一体どこからどこへと向かっているのかしら…。 鳥取砂丘とかじゃなくサハラ砂漠にいるなんてすごい!!すごく広いんだろうなぁ。
  • satoko
  • 2012/01/18(Wed)17:42:16
  • 編集

読み込み中・・・

教科書で見てただけのサハラ砂漠にいたなんて、感動だったよ☆
砂漠の砂はとっても細かくてサーラサラ!
  • 2012/01/18 23:36

無題

夢見たことが現れた、砂漠の旅
ベルベル人のハサンが鍵やー。
スーパーガイドのハサンさん頼んますー
アルケミストの世界に連れて行ってー
  • 神田
  • 2012/01/19(Thu)01:10:21
  • 編集

Re:無題

ヤッラ!ヤッラァ!!
(ベルベル語で Let's go! Let's go!! )
  • 2012/01/19 10:54