忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2019/10/23 (Wed)

トリニダード・トバゴに行こう!

そう決めたのは姉妹でご飯を食べているとき、
「カーニバルならトリニダード・トバコに見に行けばいいじゃん」
という、Newport・マスターの一言。

そういえばトリニダードのカーニバルはスティールパンが凄いって話。
NEUTRALという雑誌で見た記事がほんのり脳裏を掠めた。
そこは人口の半数をインド系が占めるというカリブに浮かぶ小さな島国で、
カラフルでゴージャスなビキニを着てサンバを踊る美女が目の前に浮かんだ。


ああ、これは行くしかないな。行くな、よし行こう。


こうして始まったのが今回の旅だったと思う。
それから、カーニバルのある時期にそこに行くにはどうしたらいいか、
南米を織り交ぜて行くにはいつがいいのか、
「そのうち行くはずだった旅」が具体的に「来年行く旅」に変わっていった。
遠くにあった未来がぐっと近づいてきた瞬間。


ところで、実際トリニダード・トバゴにはどうやって行くのか?
行くのはチケットを買って行くんですが、
日本人が入国するにはビザの申請が必要です。
ビザを持たずに空港まで行って入れてもらった、なんて話もチラホラ見ましたが、
外務省のHPにも必要と書いてあるので基本的には申請してから行きましょう。


現在日本ではジャマイカ大使館がトリニダード・トバゴのビザを発給しています。
メールで必要書類を確認した所、必要なのは以下の通り。


1.申請書 2通
2.パスポートサイズの写真を2枚(申請書貼り付けのこと)
3.パスポート(残存期間6ヶ月以上のもの)
4.パスポートのカラーコピー(顔写真のページ)
5.招待状(ツアーオーガナイザーかトリニダードに在住の友人知人からのもので、
  渡航目的、期間、旅行費用を十分に所持しているか等を述べたもの)
6.雇用証明書(英文のもの。無職の場合、不要)
7.預金残高証明書(英文の、直近のもの)
8.ホテルの予約確認表(ホテル発行の英文のもの)
9、旅程表(旅行会社発行の英文のもの)
10.費用は一人につき3000円(現金書留)


申請書はジャマイカ大使館公式HP(英語)でダウンロードします。


5の招待状は私達のように個人で行く場合必要ないそうです。
8、ホテルの予約確認表はまだ泊まるとことが決まっていなかったので、
到着の当日分だけネットで予約して、その確認書を添付。
9、旅程表は旅で使う航空券のコピーを添付。
日本から出発して、トリニダードに入って、日本に戻る、というのが明記されてると良いらしい。

1の申請書の中にも「国内での知り合い」について記載する欄がありますが、
個人旅行の場合は最初に泊まる宿を記載すると良いようです。

以上の書類をエクスパックに入れて郵送!!
問題なければ1ヶ月くらいでビザが発給されるという仕組み。


そう、1か月くらいで発給される仕組みだったんですよ。


私たちが以上の手続きを踏んだのが11月23日。
予定ではクリスマス前にビザ申請を終えたパスポートが届くハズでした。

が、12月26日(月)になってもパスポートは届かない。


おいおいおい・・・もう、出発1週間前ですけど?


どうなってるの?!とジャマイカ大使館に問い合わせるも、
「本日の営業は終了いたしました」という留守番音声が流れるのみ。
まぁまぁ、今日は欧米の祝日「ボクシングデイ」。通じないのは仕方ない。
はやる気持ちを抑えて翌日に賭けることにする。

が、27日、出発5日前になってもジャマイカは応答しない。


ええ・・・えええ・・・?いやいやいや・・・・
何?これ、アレですか?ちょっと早いお正月休みなの??
もう今年の営業終わっちゃってるってこと?
え?パスポートは?一応出発は1月2日って伝えてあるけども?
これは何?出国出来ない=予約してある諸々のキャンセル?
無理無理、絶対無理!!!!


いろんな恐ろしい妄想が頭を駆け巡り、
全身の血の気が引いて、気づいたら東京の友達manaに電話してた。

manaは前回の旅行の時、パリの宿で出会い、
その数か月後、トルコのイスタンブールで偶然再会して、
カッパドキアを一緒に旅した友達。

ちょっと震えながら事の顛末を相談すると、
「大使館、職場のすぐそばだから行ってくるよ!!」
という超アクティブなアンサー。この時点で泣きそうです。

結果、大使館は27日も祝日だったことが判明。

252445379723.jpg















翌日には電話が通じたため、
パスポートを返してほしい旨を伝え、
姉妹のパスポートはmanaが無事保護。
その日のうちに速達で北海道へ送還してもらったのでした。


そして本日無事、パスポートは姉妹のもとへ。
mana、本当に本当にありがとう!!!!!

252422343718.jpg















で、ビザはどうなったかというと。


まぁ・・・発給出来てないですよね。


申請のキャンセル、という扱いになってしまったわけです。
1か月で取れるって言ったじゃん!!


「必ず発給出来ます、とは言っていないはずです」(byジャマイカ大使館員)

いや、確かに「必ず」とは言ってないけど・・・・でもさあ!!
文句を言っても後の祭り。
申請書類も申請料金も一切戻ってきません。
今回は1か月ギリギリで提出した自分たちが悪いということで・・・


そんなわけで、現時点で私たちの当初の目的である、
トリニダード・トバゴという国には入国できません。
なので、旅行中にアメリカによるのでそこで取得するつもりです・・・

まずは出発できることを喜ぶべきなのでしょうが、正直悔しい。。
絶対行ってやる、トリニダード・トバゴ!!



というわけで、
みなさんビザの申請はお早めに。

今回もビザで難儀するという成長してない姉妹。
長々書きましたが、1月2日、行ってきます!!
PR
  • 2011/12/30 (Fri)
  • その他
  • コメント(4)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

姐さん行くんだねー
まだまだ出発しないだろうと思ってたから、
あさって!?ってなりましたわ。
いってらっしゃーい

妹さんも気をつけて旅楽しんでください。
  • チャリダーのぶ
  • 2011/12/31(Sat)10:47:08
  • 編集

ありがとう

>のぶ君
私も明日出発なんて全然実感ないんだよ。。
どうなることやら。。。
とりあえずいってきまぅすー
  • aimi
  • 2012/01/01(Sun)22:37:24
  • 編集

テキトーな国やなー

1か月も待ってヴィザくれないジャマイカ大使館の時間観念はまじめな日本社会人かしたら
うーん??。
しかも悪気は無でジャーラスタファライ。
行った人の話では近隣国でスムーズにビザとりやすいそうですよ。
アメリカか近隣国でくじけずトライですね。
この先もいろんなことが待ち受けてますよー
プロブレムを乗り越えたその先には祭りの国。
スチールパンの音色、現地の女達と仲良くなってカラフルでゴージャスなビキニを着て笑って脳内飛んで
  • 神田
  • 2012/01/02(Mon)01:48:06
  • 編集

>神田さん

あははは
脳ミソ飛ばない程度に楽しみます(笑
ビザはマイアミでリトライしてみますー
  • aimi
  • 2012/01/05(Thu)14:02:25
  • 編集